my swedish

スウェーデン語教師。スウェーデンの田舎生活で日々感じることを綴ります。

【移民社会スウェーデン】マディは国籍がない

f:id:myswedish:20161229164100j:image

 

私のことが大好きな男の子がいる。
マディ、5才。

マディは本当に私のことが好きらしい。
私は彼の家に行くと必ず塩漬けのキュウリを食べる。
私が旅行でいなかった間、家族に
「食べちゃだめ。My(私)が明日来るかもしれない」
と毎日塩漬けのキュウリの瓶を抱きしめて
私が待っていたらしい。

彼の理論はいろいろ面白い。
塩漬けのキュウリにしても、
Myは塩漬けのキュウリが好きだ、
だから塩漬けのキュウリがあればMyは家に来る、
と思っているから、塩漬けのキュウリが
家にあることをいつも確認するらしい。
彼に初めて会ったとき、
彼は突然牛乳パックを一つ私の前に置いた。
僕は牛乳が好きだ、
僕はMyが好きだ、
だからMyは牛乳が好きに違いない、と考えたそうだ。

昨日はボール遊びをしていて、
私の足にボールが当たって「アイタ〜」と私が言ったら
はっとした顔で走ってクッキーの缶の蓋を取りに行き
ボールが当たったところをそよそよと扇いでくれた。
優しいマディ。

彼は、国籍がない。
彼の家族は、国籍がない。
彼のお母さんの家族は、お母さんが子どもの頃に
争いの続くアフガニスタンからイランに逃れた。
イランに逃れたアフガニスタン人は多い。
彼らはイランで歓迎されておらず、
イラン人と同等の権利を認められないらしい。
そして、アフガニスタン政府は
彼らを逃れた者として、自国民とは認めないらしい。

マディはイランで生まれた。
アフガニスタンは、見たことがない。
生まれた国も、家族の故郷の国も、
彼のような人たちの国籍を認めないから、
マディは国籍がない。

すでにスウェーデンに住む家族を頼って
こっちになんとか逃げてきた。
人をぎゅうぎゅうに載せたゴムボートで
ヨーロッパに渡って来るとき、
たくさんの人が、子どもが、
ボートから落ちて、亡くなった、
とマディのお母さんが言った。
マディのお母さんは、泳ぎ方を教えられたことがなかった。
私が泳げなければ、子どもたちを助けられない
と痛切に思ったから、
お母さんは今年移民向けの水泳教室に通って
努力の末にばた足ができるようになった。

彼の家族のイランでの生活状態は
あまりにひどかったよう。
これまでの栄養失調のため、
マディは身体がそんなに強くない。
歯が生えてくるのが人一倍遅く、
4才を過ぎてやっと生えてきた。
ちょっと何かするたびに「胸が痛いよ」と言う。
心臓にも少し問題があるらしい。

私たちがあるとき一緒に食事をしていたら、
マディがお母さんに
「こんなにいっぱい食べたら
明日のごはんがないんじゃないか」と聞いていた。

5才で、車のおもちゃに夢中のマディ。
自分はスパイダーマンだと言ってみせるマディ。

彼の家族は、難民申請中。
申請はまだ結果が出ていない。
申請を出した人全員が居住許可をもらえるわけではない。
家族をつたってきた難民の受け入れも、厳しくなった。
明日、もしかしたらスウェーデンにいてもいいよ、
もしくは自国に帰りなさい、と
移民局に言われるかもしれないし、言われないかもしれない。
帰らされるとしたら、
マディが一度も見たことのない、
書類上の「母国」、争いの続くアフガニスタン。

難民についての話は、難しい。
年末に、マディと遊べてよかった。

my swedish

【スウェーデンの四季】クリスマス

f:id:myswedish:20161224083204j:image

 

スウェーデンのクリスマスは暗い。

とは言っても冬至は過ぎた。
これから少しずつ明るくなる。
今日は昨日よりも明るいというのは
希望を与える。

クリスマスはスウェーデンの行事の中で
一番大きい祝い事だろう。
近くに住むそして離れて住む家族のメンバーが
一同に集まるとき。
日本の正月のような位置付け。

クリスマスツリー用の木を買い、
デコレーションをつけ、
最後に木の下にクリスマスプレゼントを置く。

クリスマスの決まりごとといえば
スウェーデンでは、実はドナルドダック。
スウェーデン語ではKalle Anka。
スウェーデンでは、1960年から続く伝統がある。
それは、12月24日、スウェーデンの国営放送テレビで
「ドナルドダックと仲間たちからのメリークリスマス」
(Kalle Anka och hans vänner önskar God Jul)
というディズニー番組が、15時から放送されること。

もとはアメリカで作られた番組が、
スウェーデン語吹き替えで放送される。
それを、老若男女テレビの前に座り、
クッキーなどを食べながら、見る。
内容は新しいディズニー映画の紹介部分以外
毎年ほとんど変わらない。
ドナルドダックやミッキーが毎年同じようにおとぼけ、
同じようにドジをし、同じように楽しいクリスマスを願う。

映画のなどが吹き替えされることが
ほぼないスウェーデンで、(海外映画は字幕で見る)
何でも見たい番組はオンデマンドで
好きな時間に見ることが普及しているスウェーデンで、
年に一回だけ、吹き替えのディズニー番組を、
家族みんなが「15時だよードナルドダックだよー!」と
互いに声をかけながらテレビの前に集まって見る。
ものすごくスウェーデンらしくて、
同時にものすごくスウェーデンらしくない行事。

皆さん、God Jul!
皆さんはどのようにクリスマスを祝っていますか?
素敵な年末をお過ごし下さい。

my swedish

 

番組の一部「ミッキーマウスの荷台」

https://youtu.be/tjYIx2wtga4

【スウェーデンの四季】北欧の冬

f:id:myswedish:20161218163612j:image

北欧の冬は暗い。

私は南北に長いスウェーデンの
ちょうど真ん中あたりに住んでいる。
最近は、朝は10時夜明け、15時日の入り。
日照時間約4-5時間。
朝仕事に行く時も、夕方仕事から帰る時も暗闇。

スウェーデンの夏は白夜と言われるくらい
日照時間が長い。
夜11時ごろに夕暮れで一旦薄暗くなったかと思ったら
朝の3時にはもう日が明けている。
日照時間約20時間。
夏は夜も眩しくて寝られない。

6月21日の夏至に
日照時間が最も長くなり、
12月21日の冬至に向けて
どんどん日の出が遅く、日の入りが早くなる。
日本に住んでいた頃は
夏至も冬至もなんのこっちゃと思っていた。
スウェーデンは、夏は昼の国、冬は夜の国。
夏至と冬至をとても意識する。

冬至を来週に控えた今、人々はみんな
「今が一番暗い時期やけんね!!」
「来週また明るい方向に向かい始める!!」と
合言葉のように励まし合う。

外は本当に暗い。
こういうときは、屋内アクテビティばかり。
私は、手紙を書く。
スウェーデンはクリスマスカード、
日本は年賀状の季節。

今年、私の住む地域の天体写真家
ヨーラン・ストランドの写真が
なんとスウェーデンの国際郵便用の切手になった。
自分の暮らす地域のオーロラが
世界中の人の手に渡る。
素晴らしいなぁという喜びに、
冬の暗さにめげた心がちょっと励まされる。

 

みなさんの住んでいるところは、今どういう季節ですか?

 

my swedish

 

ヨーラン・ストランドのオーロラ写真
http://www.astrofotografen.se/gallery/ShowGallery.aspx?gallery=aurora

 

【移民社会スウェーデン】職業 スウェーデン語教師

f:id:myswedish:20160830153830j:image

 

私は北スウェーデンのとある田舎で
成人移民向けのスウェーデン語教師として働いている。

 

スウェーデンはEUの中でも上位の難民受け入れ国。
シリアの戦争、エリトリアの独裁政権など
様々な困難を逃れスウェーデンまでたどり着き
たくさんの人がここで難民申請をする。
この文章を書いている2016年8月の時点で
スウェーデンでの難民申請者数は毎月約2千人ほど。
つまり毎月新たに2千人の外国人が
スウェーデンにやって来て、難民申請をする。

 

今の数字は落ち着いた方で、
2015年10月の難民申請者数は1ヶ月で約4万人。
スウェーデンの人口は東京23区と同じくらいで
2016年現在約990万人。
つまり2015年秋には、そこに
日本の地方中小都市丸ごと一つ分の人口が
たった一ヶ月でスウェーデンの外から引っ越してきた。
次の月も、その次の月も。

 

難民申請をしてからの待機期間が長い。
2015年秋にあまりにも多くの人々が難民申請をしたため
スウェーデンの移民局は正式に
「多くの人が順番を待っているため、
難民申請にどのくらいの時間を要するか
残念ながら言うことができない」と発表した。
子どもは難民申請中でもすでに学校に通うことができる。
成人は就労の権利はあるが教育は受けられない。
スウェーデン社会でスウェーデン語なしで就労するのは難しい。
他の難民申請者と共同で寝泊まりする仮の住まいで、
半年、一年、1年半・・・と移民局からの返事を待つ。

 

全ての人に難民許可が下りる訳ではない。
毎月約1千人の人が申請を却下されスウェーデンを去る。

 

長い待機期間を経てようやく移民局の許可がおり、
スウェーデン居住許可を得た成人には
ここでやっと正式に教育と就労の機会が与えられる。

 

スウェーデンで教育は無料。
子どもだけでなく成人教育も充実していて、
誰でも小中高の勉強のやり直し、新たな資格の勉強など
成人になってからも教育の機会が保障されている。
居住許可を持つ移民も、スウェーデンの教育の恩恵を受ける権利がある。
成人移民がスウェーデン語を学ぶ最初の学校として
各自治体に「成人移民のためのスウェーデン語講座」(SFI)がある。
私はそこで働いている。

 

昨日授業で基本的な個人に関する質問について学習した。
「子どもは何人いますか」という質問で、
ある男性が「一人いましたが、シリアで亡くなりました。」と答えた。
たくさんの人が戦争などで身内を亡くしている。
家族や友人と離れ離れで暮らし、
もらえるかわからない居住許可を長い間待ち続け、
彼らの不幸や死を遠く離れたスウェーデンで知る。

 

難民に関する問題は全く簡単な話じゃない。
スウェーデンで難民の話はすでに大きな社会問題。
人数が多すぎて、文化の違いがありすぎて、非常に敏感な話題。
私はスウェーデン語が好きだからという理由で
この仕事をしているけれども、
想像したこともないような文化の違いや感情の渦の
その真っ只中で、立ちすくんでしまうことがたまにある。
先進国で何不自由なく生まれ育った私の慰めの言葉なんて
軽すぎて本当は恥ずかしいけど言うしかない。
目が飛び出るような不当な要求をする人には返す言葉を失う。

 

それでもしばらく頑張ってみようと思う。

 

my swedish


(参考)
難民申請者数に関するデータ。スウェーデン移民局。
スウェーデン語 http://www.migrationsverket.se/Om-Migrationsverket/Statistik.html
英語 http://www.migrationsverket.se/English/About-the-Migration-Agency/Facts-and-statistics-/Statistics.html

難民申請に要する時間について。スウェーデン移民局。
スウェーデン語 http://www.migrationsverket.se/Privatpersoner/Skydd-och-asyl-i-Sverige/Nyheter/2016-03-01-Vantetider-for-asylutredning.html
英語 http://www.migrationsverket.se/English/Private-individuals/Protection-and-asylum-in-Sweden/Nyheter/2016-03-01-Waiting-for-an-asylum-investigation.html

オノヨーコのブルーベリー

f:id:myswedish:20160814195007j:image
 
海外に住んでいる日本人女性はみんなオノヨーコに見える。
 
人がそう言うのを聞いたことがあるし、自分でも他の人に対してそう思ったことがある。
 
外国に住んでいる日本人女性の記事やブログを読んだりすると、何語で生活しているのかなーとか、どんな生活してるのかなーとか、心のどこかで気になる。現地の人たちとの関わりとか、キャリアとか、豊かそうな生活とか、全然知らない人なのに自立したかっこいい姿を勝手に想像して、勝手に憧れや脅威を感じたり。唯一無二の存在感で世界をまたにかけ活躍する、まさにオノヨーコ。
 
スウェーデンに住む私もそんな癖がまだまだある。そんなことを言っている私もオノヨーコの一人として見られているはず。
 
そんなイメージは否定しない。「こんだけ頑張っとるんやけ、イケとうイメージくらいしてもらっても悪いこたなかろ」と私は個人的に思う。
 
大人になってから外国に引っ越すというのは、様々な理由の違いはあれどほとんどの人にとって結構大きな決断で、決断できず断念する人も少なからずいるだろう。いざ決断をするところで困難にぶち当たる人も多い。困難を乗り越えて決断していざ引っ越して、言葉の壁、文化の壁、人間関係の壁、価値観の違い、年齢、人生設計、仕事、日本にいる家族親戚友人との関係、乗り越えなければならない壁や問題は自分の中に、社会の中に、人と人との間に、山ほどある。

自分の言いたいことが言えない、人が何言っているかわからない、自立した社会人として活躍すべき年齢なのに仕事見つからない、常に誰かに助けを求めないといけない、そういう時期が数年続く。新しい言葉を学んで、新しい慣習を身につけて、たまにはわからなくてもわかったふりをして流すことも学んで、自分が「外国人」であることに慣れていく。
 
大変なこともあったし、今でもたくさん悩み続けているけれど、私はそれでもここに引っ越してよかったと思っている。私にはそれが必要だった。

北スウェーデンはもうすでに風が冷たい。秋よ、まだ来ないでと人々は短い夏を惜しむ。白夜で昼間のように明るかった夏の夜空は、夜の帳に包まれ始め、長く暗い冬の存在を思い出させる。森に入ると、地面は野生のブルーベリーでいっぱい。いつの間にこんなに実がなったんだろう。手づかみで、頰張る。酸っぱくてかぐわしい。

頑張る私へのごほうび。
 
my swedish
 

Hej!

初めまして。

 

南北に長いスウェーデンで、ちょうど北スウェーデンが始まるあたりに位置するイェムトランド(Jämtland)。その広いイェムトランドのどこかにある小さな村でこのブログを書いています。

 

私はスウェーデンに引っ越して数年になる日本人です。もともとの語学好きが功を奏して、今はこちらで成人としてスウェーデンに移民してきた人たち向けのスウェーデン語学校で教師をしています。とはいっても今は無免許教師なので、こちらで「第二言語としてのスウェーデン語」という教科の中学校の教員免許を取るため大学で勉強中です。

 

ブログを始める理由は、学校のデジタル化がどんどん進んでいくスウェーデンで、私も自分が将来ここで持つ教室がデジタルの世界につながっているようにしたいと思ったこと。特にブログは外国語の学習に役立つ大きな可能性を秘めています。でもまずはそれを自分が実感してみないとと思い、このブログを始めました。

  

ブログを書くことも読むことも経験のない私が、この新しいツールで何を発見できるか楽しみです。

 

my swedish